3つのプロフィールの書き方のコツ

あまり、意識されている人は少ないですがお見合いパーティーでとても大事なアイテムが、プロフィール用紙です。会話のきっかけになるもので、皆様が初めて会う方なので、どういった方かわかりません。なので、お見合いパーティーではプロフィール用紙を見ながら会話を進めていきます。話を弾む事や、相手から興味を持ってもらうためにも、実はプロフィール用紙の内容は重要です。

さて、今日はそんなプロフィールの書き方の3つの大切なコツについてお話したいと思います。

まずは、その前に大切なことを、、、

プロフィール用紙はパーティー開始前にご自身で(お名前、職業、趣味、自己PRなど)記入していただきます。パーティー開始ギリギリに来ると書くのに時間かかりお話ししながら記入する事になり会話もできなくマイナスポイントになります。そうならない為にも少し時間にゆとりを持ってしっかりと記入する事です。プロフィール用紙にたくさん書けないので、特にアピールしたい事を大きく書き、相手に興味を持ってもらえると質問もしてもらいやすくなります。

また記入する内容を前日までに考えておくと当日スムーズに記入できるでしょう。

プロフィール用紙はパーティー前半に「自己紹介タイム」というお時間があり、その際にご自身で記入したプロフィール用紙を交換しお話ししていただきます。コレにそって話を進めて行きますのでとても大切ですね♪

さて、それでは書き方のコツに進んでいきましょう。

①丁寧な字で

字は丁寧に書く事が大事です。自分では何と書いているかわかっていても見るのは自分ではなく相手です。相手に読みやすい大きくはっきりとした文字を書きましょう。しっかり丁寧に記入していると、お見合いパーティーに真剣に参加されていると伝わり印象も良くなります。丁寧に、、丁寧に、、読みやすさも意識しましょうね。

②共通の趣味で話を

趣味を記入する項目が3つあり、出来る限りすべて空白を埋める事です。

例えば「漫画」「音楽」「スポーツ」と埋めるよりも、「まんが(ワンピース)」「音楽(バンド)」「スポーツ(テニス)」など具体的に書くと共通する趣味があれば

・「○○さんワンピース読んでいるのですね、私ワンピース好きです!」
・「私も学生の頃バンド活動しておりまして最近のオススメはありますか?」

などお話もしやすく、お相手からも話しかけやすいです。趣味の話で話が膨らむと、「この方と話し合う」など良い印象がつきます。

③ネガティブ・短所は書かない

例えば「太っています」「マイナス思考な性格です」「暗い性格です」など、ネガティブな事ばかり記入していると、それが原因で第一印象が悪いイメージになってしまいます。出来る限りポジティブな事を記入するように心がけましょう。

例)「がっしりしてます」「いつも前向きな性格です」「穏やかな性格です」

短所も見せ方次第で魅力ある言い方に変わります。
・暗い性格⇒穏やか、落ちつきのある性格
・仕事が忙しい⇒仕事が充実している
・優柔不断な性格⇒慎重な性格
これだけで印象も変わりますよね。

これらの事を意識し、プロフィール用紙を書き、共通の趣味や話題で自然に話が盛り上がります。パーティー前に「趣味」「デート行くならどこへ」「性格を一言でいうなら」など書く内容を決めておけば、当日スムーズに記入できるでしょう。

新着パーティー情報をチェック

0120-381-385

パーティー検索

累計結果

2017年01月~10月15日までの
★パーティー参加合計
2,483
★カップル成立数
709

パーティーテクニック

2014年2月7日(金)
サンテレビ『2時コレ!しっとぉ!?』
で紹介されました。